乳幼児向き

ホーム > 乳幼児向き

乳幼児向き幼稚園から小学生まで小学高学年から思春期ノンフィクション「ふたご」の文化史その他研究書教育・育児書・育児日記映画マンガ育児書・子どもと家族のための本

特にお奨め:☆

 タイトル著者 
いたずらふたご チンプとジィーアンホールト夫妻
角野栄子訳
小学館、2002年。(チンパンジー:オスメス:チンプ、ジィー)いたずらふたごのどこへ行った?
ふたごのサンタ今江禎智In:『今江禎智の本 第30巻』理論社、1990年。(サンタ:男男)のんきな兄サンタと心配性の弟サンタ。
二ひきのこぐまイーラこぐま社、1990年。小熊の双子の実写写真を使った物語。迷子になった双子はさんざん労してお母さんのもとへ。
ふたごのおばけ大川悦生ポプラ、1987年。(幽霊、男男)学校で子どもの家来になった、かわいいお化けの双子
ふたごのラッコおかのかおるこポプラ、1987年。(ラッコ、男女:モック、プック)双子のラッコがいろいろな危険を乗り越えて育っていく物語。
ふたごのこねこ リックとサックおのでらしずか新風社、2003年。(ねこ:リック、サック)
ふたごの機関車(汽車の絵本15)ウィルバート・オードリーポプラ社、1974年。(機関車:ドナル、ダギー)双子の機関車が失敗したり、活躍したりしながら、機関車達の仲間に入る物語。
ふたごのきかんしゃビルとベン(きかんしゃトーマスのアニメ絵本15)ウィルバート・オードリーポプラ社,1995年。(機関車:ビル、ベン)双子の機関車は一時喧嘩をしたが、重い貨車を二人で力を合わせて引く。
すにっぴいとすなっぴいワンダー・カーグ岩波書店、1979年。(のねずみ:すにっぴい、すなっぴい) 迷子になって、人間の家の中に入り込んだ双子の野ネズミ。チーズのはさんだねずみ取りに気をつけろ!
ぽとんぽとんはなんのおと神沢利子福音館書店、1980年。(くま)冬眠中の熊の双子がおかあさんに外の音が何か尋ねるうちに春になっていく。
ふたごぞう ニニとトト 1、2川崎 洋婦人の友社、1981年。(ぞう:ニニ、トト)ニニとトトは仲良し。ハーモニカを吹いたり、シャボン玉遊びをしたり。
ふたごの子猫ドッチとコッチ久保秀一偕成社、1989年。(猫:ドッチ、コッチ)そっくりでとてもかわいい双子の猫の写真集と詩。
きょうりゅうクッキー(ふたごのこぐまトモとモモ)くろいわあきひと金の星社、1992年。(男女くま:トモ、モモ)双子のこぐまのトモとモモの楽しいクッキーづくり。
ニーハオ!ふたごのパンダ古関めぐみポプラ社、2002年。(パンダ:オスオス:ヂンガン、ヂンホエ)珍しい双子のパンダの写真物語。
ふたりではんぶん五味太郎絵本館、1991年。(女女:YK)何でも二人ではんぶんこ。
ふたごえほん:いっしょに いっしょに五味太郎絵本館、1996年。画期的な本自体が双子になっているシリーズ。2冊セットで双子だ!
ふたごえほん:こちらとそちら五味太郎絵本館、1996年。
ふたごえほん:ひだりのほん みぎのほん五味太郎絵本館、1996年。
ふたごえほん:わらってる ないている五味太郎絵本館、1996年。
ふたごのサンタはおおいそがし佐藤直行学研、1992年(絵探し絵本)。双子のサンタを探せ!楽しい 絵探し絵本。
ふたごのモンチッチ 1鈴木悦夫CBSソニー出版、1979年。(モンチッチ:男、女:モンチッチくん、モンチッチちゃん)双子のモンチッチと絵本を読んでいくと、『狼と7匹の子山羊』の絵本の中に入ってしまう。
星の国のモンチッチ鈴木悦夫CBSソニー出版、1979年
双子のモンチッチシリーズ1 おはようモンチッチ鈴木悦夫講談社(たのしい幼稚園テレビ絵本)1980年。
双子のモンチッチシリーズ2 おたんじょうびはモンチッチ鈴木悦夫講談社、1980年。
双子のモンチッチシリーズ3 おいしゃさんとモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ5 ケーキやさんとモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ4 おまわりさんとモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ6 もりであそぼうモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ7 ハイキングよモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ8 やきゅうがだいすきモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ9 みんなでうたおうモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
双子のモンチッチシリーズ10 たのしくあそぼうモンチッチ鈴木悦夫講談社、1981年。
モンチッチ大図鑑鈴木悦夫講談社、1981年。
ふたごの木谷川俊太郎書房『樹』、1982年。(木:アパ、アピ)丘の上にりりしく立ちつづける二本の木の写真詩集。
クーくんツーくんとオバケ長新太(長靴:クーくん、ツーくん)文渓堂、2007年。
リトルツインズ1 コロックルじまはおおさわぎつちだいさむフレーベル館、1992年。(男女:タフル、チフル)原生林が果てしなく続く大自然の中の青い澄んだ湖にうかぶコロックル島の双子の妖精の物語。
リトルツインズ2 みずうみがほえたひつちだいさむ1992年。
リトルツインズ3 ふえのねはあきかぜにのってつちだいさむ1992年。
リトルツインズ4 フェアリーリングのまんなかでつちだいさむ1992年。
リトルツインズ5 さよならバーボーつちだいさむ1992年。
リトルツインズ6 もりのかみさまファーラボーつちだいさむ1993年。
リトルツインズ7 なんてすてきなプレゼントつちだいさむ1993年。
リトルツインズ8 まつりのよるオスカがよぶつちだいさむ1993年。
リトルツインズ9 かんしゃさいのできごとつちだいさむ1993年。
リトルツインズ10 あしたてんきになあれ』つちだいさむ1993年。
リトルツインズ11 とべクルーつちだいさむ1994年。
リトルツインズ12 オスカがいえにやってきたつちだいさむ1994年。
リトルツインズ13 ぼくらのなつがとんでいくつちだいさむ1994年。
リトルツインズものがたり1 みちくさのてんさいつちだいさむ1993年。
リトルツインズものがたり2 こわれたカヤのすつちだいさむ1994年。
リトルツインズものがたり3 ちいさなまいごつちだいさむ1995年。
リトルツインズものがたり4 きえたあしあとつちだいさむ1994年。
ももちゃん はなちゃん おいしいえほんつちだよしはるリーブル、1995年。(女女:ももちゃん、はなちゃん)作者自身の双子の娘さんを主人公にしたシリーズ。
ももちゃん はなちゃん なかよしえほんつちだよしはるリーブル、1995年。
ももちゃん はなちゃん わっはっはえほんつちだよしはるリーブル、1995年。
ももちゃん はなちゃん できるもんえほんつちだよしはるリーブル、1997年。
ももちゃん はなちゃん のりものえほんつちだよしはるリーブル、1999年。
ももちゃん はなちゃん はじめてのえほんつちだよしはるリーブル、2003年。
ふたごのたまご寺村輝夫さく
和歌山静子え
あかね書房、2003年。(ひよこひよこ:ぴー、ぺー)ひよこがとっくみあって、双子の目玉焼き!
チリとチリリどい かやアリス館、2003年。(女女:チリ、チリリ)自転車に乗って、どこまでも行くチリとチリリ。何に出会うでしょう?
チリとチリリ うみのおはなしどい かやアリス館、2004年。(女女:チリ、チリリ)
パパはまほうつかい西山直樹福武書店、1988年。(男男:ネルダ、オキルダ)魔法使い(サラーリンマンである)と魔女(すてきなおかあさん)の間に産まれた男の子の双子。おとうさんは魔法を使って楽しい毎日。
まほうつかいのにちようび西山直樹1989年。魔法の物置を整理していて、ネルダとオキルダは悪戯で分身してしまう。双子ではなく14子になるが、最後にママのキスで元通り。
まほうつかいのそりあそび西山直樹1990年。魔法のそりで雪遊び。ついでに町まで買い物だ。    
ふたごの子猫萩原孝範山と渓谷社、1986年。双子の猫の写真集。
ふたごのがちょうグーとスー(ハンナのすてきなホテル 1)M. バージェス金の星社、1995年。(がちょう:ガー、スー)ハンナのホテルに泊まったわがままなふたごのがちょうの騒動。
おたんじょうびのおくりもの(ティモシーとサラのえほん1)芭蕉みどりポプラ社、1989年。(こねずみ 男女:ティモシー、サラ)
ふゆのよるのおくりもの(ティモシーとサラのえほん2)芭蕉みどり1990年。  
パパのくれたおくりもの(ティモシーとサラのえほん3)芭蕉みどり1991年。
ティモシーとサラのピクニック(ティモシーとサラのえほん4)芭蕉みどり1993年。
ティモシーとサラの木のおうち(ティモシーとサラのえほん5)芭蕉みどり1997年。
チューリップのにわ(ティモシーとサラの絵本1)芭蕉みどり1992年
ゆうびんやさんのオーケストラ(ティモシーとサラの絵本2)芭蕉みどり1992年
おばあちゃんのかぼしゃパイ(ティモシーとサラの絵本3)芭蕉みどり1992年
おじいちゃんのいす(ティモシーとサラの絵本4)芭蕉みどり1994年
サラのやくそく(ティモシーとサラの絵本5)芭蕉みどり1994年
ティモシーのたからもの(ティモシーとサラの絵本6)芭蕉みどり1999年
まほうつかいがやってきた(ティモシーとサラの絵本7)芭蕉みどり1999年。
ディモシーとサラとたからのちず芭蕉みどりポプラ社、2002年。
ティモシーとサラのえはがきえほん ポプラ社のえはがきえほん芭蕉みどり
ティモシーとサラのくみたてえほん ポプラ社のたのしいくみたて絵本 (2)芭蕉みどり
ティモシーとサラのオルゴールえほん1芭蕉みどり
ティモシーとサラのオルゴールえほん2芭蕉みどり
ティモシーとサラのオルゴールえほん3芭蕉みどり
風がふいたらハッチンス
(田村隆一訳)
評論社、1980年。(女女)マフラーを風に飛ばされる女の子。
ふたごのウサギテンシ(ウサコレフレンズミニえほん10)早野美智代ポプラ社、2001年。
サンボとふたごのウーフ・ムーフバンナーマン旺文社、1977年。(ウーフ、ムーフ)「ちびくろサンボ」の第2部。やはり、黒人差別的な要素が多すぎる。
みつごのグッスチッスパッス東 君平大日本図書、1973年。(ダックスフント:グッス、チッス、パッス)仲の悪い三つ子のダックスフント。海に流され、最後に仲直り。
ふたごのこねこ おはようどうわ2東 君平講談社、1982年。双子の子猫の絵の表紙。本文には双子の子猫載っていないよ?
きょうはとくべついいひなの(ふたごのこうさぎポリーとトミー)ふじおかきょうこパールネスコ・ジャパン、1998年。(うさぎ:メス、オス:ポリー、トミー)楽しいいたずら、そして誕生日!
どうしてきょうはすてきなの(ふたごのこうさぎポリーとトミー)ふじおかきょうこパールネスコ・ジャパン、1999年。
びーんちゃんとふぃーんちゃん ブルーナのゆかいななかま3ブルーナ福音館書店、1968年。(女女:びーんちゃん、ふぃーんちゃん)
まいごのふたごアイネス・ホーガン
(石井桃子訳)
岩波書店、1954年。(カンガルー:きっぷ、きむ;ゾウ:とびー、とみー)迷子になった双子のカンガルーとゾウを通して、お母さんの言うことをよく聞く良い子になろう?
さるのせんせいとへびのかんごふさん穂高順也ビリケン出版、1999年。(熊熊:男男)へびのスーパー看護師さんの患者さんは、熊の双子の坊や。
おふろだいすき松岡享子福音館書店、1982年。(ペンギン:ジム、ジョン)その場その場で競争をし、勝った方が兄になるペンギンの双子が登場。
双子の星宮沢賢治偕成社、1987年;くもん出版、1992年。(星:チュンセ童子、ポウセ童子)双子の星の役目は夜の間銀の笛を吹いて、星の運行を導くこと。優しい心の持ち主である双子の星は、他の星を助けます。
みつごのおばけ パピ・プペ・ポー宮西達也教育画劇、1991年。(おばけ:パピ、プペ、ポー)すいかどろぼうをやっつけるみつごのおばけ。
ふたごの王様C.モーリーブロンズ新社、1993年。(男男:ザカリア、バルサザール)それぞれ都会と田舎の王様である双子が一緒に楽しく誕生日をお祝いする。
ふたごのゾウ ポポルとププル にこにこどうぶつえん若山甲介童心社、1998年。(ゾウ:ポポル、ププル)まいごになって、ライオンに食べられそうになるゾウの双子。
ふたごのでんしゃ渡辺茂男あかね書房、1979年;あかね文庫1988年。(電車:べんけい、うしわか)市電は廃止されたが、双子の電車は『子ども図書館』に生まれた。