多胎家庭を対象とした育児支援と研究の両立

多胎家庭を対象とした育児支援と研究の両立
地域参加型実践研究の考え方を用いて、多胎家庭に対する育児支援と研究(多胎の研究・多胎による研究・多胎のための研究)を両立させるモデルを提案した。このモデルの考え方は調査参加者と研究者の双方に有益だと考える。

 

石川看護雑誌13,11 – 20,2016-03