2017年全国フォーラムのご案内 2017.6.18

 上記総会の翌日に、JAMBA第8回全国フォーラム「今、多胎支援が必要な理由は?~孤立しやすい子育てを浜松から考える~」(キリン福祉財団平成29年度計画助成事業)を開催します。

今回は、全国で10番目の地域多胎ネットとして今年3月に発足したばかりの「しずおか多胎ネット」のみなさんのご協力を得て準備を進めています。

ご自身が双子を含む3人の男の子の母であり、多胎家庭での虐待死裁判に弁護氏として関わられた間宮静香氏と、妊娠期からの切れ目のない多胎支援システムを当事者と共につくりあげてこられた服部律子氏(岐阜県立看護大学教授、当協会理事)のお2人にご講演いただきます。多胎支援の必要性と、ネットワークによる多胎支援について知り、静岡、そしてそれに続く地域での多胎支援ネットワークの方向性や支援方法などを共に考えましょう。みなさまどうぞご参加ください。なお、フォーラム終了後に同会場でランチ交流会を開催します。詳しくはJAMBA事務局までお問い合わせください。

日時:2017年6月18日(日)10:00~12:30(受付9:30~)
場所: 可美公園総合センター ホール 静岡県浜松市南区増楽町920-2

対象:多胎児家庭の支援に関心がある行政関係者、医療専門職、教育・保育関係者、子育て支者、多胎育児の当事者など(定員200名)
参加費:無料

★ お申し込み方法など、詳しいご案内はこちらから → JAMBA第8回全国フォーラム案内.pdf