2014年度日本多胎支援協会総会のご報告 6/22

去る6月22日、北九州市八幡西区の八幡西生涯学習総合センターにおいて、JAMBAの第5回通常総会が開催されました。同センターは、JR黒崎駅とペデストリアンデッキで直結しており、区役所、商業施設、ホテルなども入った建物にある便利な施設です。

志村代表理事を議長に定数確認の後、和やかな雰囲気の中で議事が行われました。

2013年度は、医療施設における当事者と連携した多胎支援プログラムづくり(病院プログラム)及び子育て支援者のための多胎育児支援研修プログラムの改訂と普及(研修プログラム)の2つの事業を中心に活動を進めてまいりました。

2014年度においては、病院プログラムの成果も踏まえ、新たに妊娠期の多胎ファミリー教室に関する事業として、テキストの作成や運営講座の試行を進めていくことなどが承認されました。

研修プログラムについては、プログラムの改訂及び普及作業が順調に進んでいることが報告され、2014年度についても、改訂されたプログラムの下で全国3カ所において研修会を実施する計画などが承認されました。

また、ホームページをよりわかりやすい構成に改訂することなどが承認されました。

このほか、事務局担当理事の交代に伴い、JAMBAの主たる事務所を埼玉県さいたま市から兵庫県神戸市に移転することが承認されました。

今年度も、JAMBAの活動への御理解と御協力をお願いいたします。

JAMBA総会の議案書はこちらから
http://jambanews.web.fc2.com/2014jambagiansho.pdf