日本子ども虐待防止学会に参加しました(新潟市)2015.11.21-21

去る2015年11月20,21日に新潟・朱鷺メッセにて開催された「日本子ども虐待防止学会第21回学術集会にいがた大会」に参加しました。
大会テーマは ”つながりへのチャレンジ” でした。

「つながり」の対象は虐待を受けている子どもたち、育児困難や親・家庭、この問題に関わる様々な職種の人や立場の人同士、多職種連帯のことだそうです。

参加した分科会(小児保健)からは
・孤立家庭や居所不明児の実情と問題を考える
・健やか親子21(第2次)に「妊娠期からの虐待予防」が位置づけられたことにより、基礎データ把握を目的に虐待行為7項目が問診必須項目となったことから起こりつつある現場での混乱
・妊娠・出産包括支援事業と特定妊婦支援のめざすもの
・子ども虐待を支援する保健師のための支援体制
などがありました。

色々な立場の専門職、人が「つながる」ことによって子どもたちを虐待から救い、守ることに「つながる」のだということを実感しました。

※次回の学術学会は「第22回おおさか大会」
2016年11月25日(金)26日(土)
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて開催されます。

 

by 森光子:JAMBA理事